遺言書の作成について

遺言書を作成しておこうと思った場合に大切なのは、遺言書を作成すること自体は難しいものではないが慎重に作成しないと遺言書は無効となる場合があると知っておくことです。
遺言書をせっかく作成してこれで安心、と思ったのに実際には遺言書は意味のない紙切れとなってしまうとしたら悲しいです。
だから、遺言書作成は専門家つまり弁護士、行政書士、司法書士や税理士などに頼むのが一番と考える方も多いです。
もちろんそれならばしっかりとしたチェックがなされるので無効となる心配からは解放されます。
しかし専門家に頼むとなると費用の面が気になります。
仮に自分で遺言書を作成できれば紙とペンだけで事足りるのですからそこは考えて選ぶ必要があります。
もし自筆証書遺言を作成するのであれば、遺言書には書かないと無効とされてしまう必須項目があるので必ずチェックしましょう。
遺言書は全て自筆する、日付を明記する、署名、押印する、と言った基本をおさえ、書き間違えたら直し方にも決まりがあり、それによっても無効となりかねません。
書き間違えたら直すより改めて新しい紙に書き直した方が賢明です。

未分類

Posted by souzoku13