複数の遺言書が見つかった際の取り扱い方法

2020年5月29日

遺言書は自身の財産の継承先を決める大切なものです。この遺言書は通常であれば1通のみを作成して保管するのですが、中には複数の遺言書を作成して保管している人もいます。
もし、枚方での小さな家族葬の後に複数の遺言書が見つかった場合の取り扱い方法を紹介します。

1・遺言書は日付が最新のものが優先されます
複数の遺言が見つかった場合、相続人はどの遺言が正しいのか判断することは出来ません。そのような場合には遺言の日付を確認することになります。これは法律で遺言は日付が最新のものが有効であると定められており、古い遺言は新しい遺言で取り消されたと判断されるからです。

2・公正証書遺言と自筆証書遺言が見つかった場合
遺言は大きく分けて公正証書遺言と自筆証書遺言に分かれています。公正証書遺言は公証人の認証を受けた遺言書であるので、非常に厳格な手続きで作成されたものになります。それに対して自筆証書遺言は比較的自由に書かれたものとなっているので、自筆証書遺言よりも公正証書遺言の方が優先されると思われがちですが、遺言書の種類を問わずに日付が最新の遺言書が優先されます。

未分類

Posted by souzoku13